1年ぶりのアジング

しばらくぶりです。
今年は釣り場も空いてそうなので、運動不足解消にアジングしてきました。
長年のデスクワークで出来上がった40肩。こんなガチガチの体で竿振れんのか的な。
ブランクが長すぎてリーダーやジグヘッドの結び方も思い出せなくなっていて、Youtubeで結び方を復習しましたw

久々なので何箇所か回ったんですが、アジンガーはほとんど見かえず、以前と比べると釣り禁止の場所も増えたしまったなと。

竿を出せる場所で探ってみると、数は多くないものの比較的イージーに釣れる様子。
サイズは豆ですね。スーパーで1パック10匹100円とかで並んでそうなサイズです。

常夜灯のあるポイントは限られているので、闇夜アジングを決行。
こちらも、ポツポツと釣れますが、先程と同様に豆ばかりです。

アジングが出来る場所が限られてしまうことや、サイズ的にも小さいので気合いを入れてアジングをするという感じではないですが、日頃の運動不足解消に自然に触れ合う機会があるのはやっぱり有り難いなと思います。

2023年のアジング

昨年の夏から一度も竿をだすこともなく2023年を迎えてしまいました。
釣り場の状況にもよりますが、のんびりやれる場所があればまた再開したいと思っています。

那珂湊定地水温をグラフで見ると、今年も最低水温は10度を下回ることがなく、the co.がアジングを初めてから最も高い平均水温となっています。県北沿岸は親潮の影響で水温が結構変わるのですが、温暖化の影響が出ているのかもしれませんね。

しばらく放置になりそうですが、変化があればブログで報告いたします。

遅ればせながら今シーズン初アジGET

遅ればせながら今シーズン初アジをGETしました。運動がてら近所の小場所は何度か通ってたんですが、ようやく姿を見せてくれたという感じです。アジはこの1匹だけでアジングと呼べるものではないですが、県北エリアにはもっと釣りやすい場所があるので、全般的にアジングが楽しめる状況になってきているんじゃないでしょうか。

久々に那珂湊のやまさで刺身定食をいただきました。都内に住んでいた頃は、北陸の魚介類が美味しいと聞いたことはあっても、茨城県沿岸の魚介類についての話は聞いたことがなかったんです。スーパーの特選品で涸沼のしじみを見たぐらいで。

北陸にも何度か食べに行ったことがありますが、その時に思い出したのは茨城で食べていた魚介類でした。何気に美味しいもの食べてたんだなと後から気付かされたというか。

茨城県北は古くから漁師町が点在し、魚介類に親しんでいた土地柄なので魚にはうるさかったのかもしれないですね。港近辺ではなくても、食文化として行き渡っているので、適当に入ったお店でも美味しい刺し身を出してくれます。都内や内陸の方にはオススメです。

次ページへ »