the co.の小場所散策

今回は小場所を散策してみることにしました。
アジングをしているといろんな魚達に出会うんですが、年を追うごとに出会う魚も微妙に違うんです。今、海の状況はどんな風に変化してきているのか気になるんですよね。


アジに限って言えば、年ごとの傾向は以下のものです(あくまでもthe co.個人のデータです)。
2015年 20〜25cmのアジが沢山釣れた年。
2016年 20〜25cmのアジがまあまあ釣れた年。
2017年 あまり釣れない年。
2018年 ほぼ釣れない年。
2019年 豆アジが釣れ出す。15cm〜20cm程度が中心。
2020年 豆アジフィーバー。15cmぐらいが中心。
2021年 豆アジ爆釣。15cm未満が中心。
2022年 ほぼアジングしてない年
2023年 ???

年を追うごとにサイズが小さくなっているんです。もちろんタイミングや場所によって20cm以上のアジや尺も上がることはありますが、何処でやっても20cm以上のアジが釣れた2015年頃に比べると状況は変わってしまったと感じるわけです。

千葉の房総の状況を見ていると、数年遅れで茨城県北にも似た傾向に変化している気がするんですよね。また、福島も数年遅れで茨城に似た状況が発生しているのではないかと推測しています。
いずれも肌感ですが、温暖化の影響なのか?と脳裏をよぎります。

そんなことを考えていることもあり、アジが釣れた試しがない場所も気になるんです。
もしかしたら何らかの変化が起きているかもしれないと想像が膨らむ。
アジングも人それぞれの楽しみ方がありますが、the co.はアジやどんな魚がいるかというサーチ能力が欲しい。
アジングが上手な人はこのサーチ能力も高いので、勉強になることばかりなんですが、釣果を求めていない点が本質的には異なるベクトルなので、たくさん釣りたい方はthe co.のブログはあまり参考にしないようお願いします(笑)

シーズン的な影響なのか、メバルを全く見かけませんでしたがようやく姿を確認できました。

未来のシーバス。幼稚園の子どもたちのように小さな個体が群れていて、果敢にアタックしてきます。

小場所の中で拾った唯一のアジ。まぐれといって良い状況です。

今年も春〜初夏のアジは神出鬼没。足を使って探すしかないかも。

今シーズンの茨城県北のアジですが、今の所豆サイズしか釣っていません。豆アジとはいえ、釣れる場所とそうでない場所が明確に分かれていて、入れパク状態になることもあれば、粘ってもアタリ一つないこともあります。昨日釣れたからといっても翌日釣れるわけでもなく、この時期特有の難しさを感じます。

常夜灯付近に付いたベイトの種類もコンスタントに変わっているので、夏に向けてのシャッフルが繰り返されているようです。

回遊にぶつかれば、数釣りも楽しめます。1-2時間で2〜30匹ぐらいでしょうか。腕に自信がある方ならもっと数を狙えると思います。

先日初アジをゲットした近所のポイントですが、1時間以上粘ってようやくチビメバルをひねり出しました。釣り上げられそうなサイズのまとまったアジはまだなのかもしれないですね。

5月下旬のアジングまとめ

5月後半は重い腰を上げて県北エリアを数カ所回ってみました。近所の釣り場は相変わらずアジが回ってきてない状況ですが、いずれ回遊のタイミングがあると思うので懲りずに通い続けます。いついっても空いてるし。

チビメバルも顔を出してくれます。大概はアジが釣れなくて意地になって粘っているとヒットしてくる感じ。

ブルーハワイの原液みたいな色のワームで美味しそうに見えませんが、こちらのイメージとは裏腹にアジは喰ってきます。

昨年釣ることが出来なかった草だんごワームで念願の1匹GET。当たり前ですがアジが確実にいる場所ならこのワームでも釣ることが出来ました。再現性もありです。軽量ジグ+フォールの釣りにはハマりにくいのか、the co.が徘徊するエリアの状況がそうさせるのかは分かりませんが、リグの操作感がいまいちつかめず他のニョロニョロ系ワームよりも当たる回数が減ったような印象でいまいち使い所が分からないままです。大量の大豆フグが湧いているポイントだったのでもしかしたらフグに見えてたのかな?w

こちらはreinsのアジミート。フォール主体の釣りにめっちゃ使いやすくてアジ職人と共に定番化してます。どちらも若干扁平になってるのがいい。特に豆サイズが入り混じってる場合だと、アジ職人2incではフッキングしにくい時にアジミートに変えるとフッキング率が上がる気がします。それでも駄目なときはアジ職人1.6incを使ってます。

アジ職人2inc > アジミート>アジ職人1.6inc

ワームサイズが大きいとアピール力が違うという側面があるのもしれませんが、フォール速度やテンションキープ、リグの位置が把握しやすいというメリットがあるので釣りやすいんですよね。

いつものエンピツサイズより2周りぐらい大きくなったサバ。

0.8号のリーダーで切られること数回。1度ならまだしも、まじで何なのw
大きめのサバだと予想してリーダー1号にジグヘッドはアジキラーをセット。リーダー噛まれる前に即がけしてやろうと挑むも、今度は足元付近で大暴走。1lbのエステル側がプッチン。何度も何度もこのやろう〜。つか、サバより長ひょろく見えたんだけど。

これ以上太いラインも持ってきてないので、ドラグ設定をユルユルにしておいて、ある程度疲れさせたところを取り込んでやる作戦に切り替えます。意地でも釣ったるw

案の定ヒット。矢のような魚体が水面をジャンプしながら泳いでます。抜き上げて分かった「カマス」。近年茨城県北でもカマスが釣れてるって話はきいていたんですが、釣ったのは今回が初めてで少々びっくり。このポイントで1lbで挑んだのは失敗だったかも。

20cmを超えるアジにはまだ出会えていませんが、茨城県北エリアは今シーズンもアジングが楽しめそうです。

次ページへ »